火災だけじゃない!自然災害でも保険金が受け取れる火災保険をよく知ろう

火災だけじゃない!自然災害でも保険金が受け取れる火災保険をよく知ろう

家を建てる時に、火災保険も一緒に検討する方が多いでしょう。

火災保険は、家が家事にあったときに保険を受け取れることはよく知られていますが、自然災害でも補償されることは、あまり知られていないかもしれません。

保険金が申請できることを知らずに、受け取らないで損をしてしまうともったいないですね。

また、火災保険の加入を検討するときには、どの範囲まで補償してもらえるのか、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

今回の記事では、火災保険の補償の対象として保険金が受け取れる災害の内容を、具体例を交えて分かりやすく解説していきます。

火災保険で補償される範囲
火災保険は、その名の通り、放火や失火などの火災が補償の対象です。

それだけでなく、落雷・水災などによる自然災害も含まれます。

補償される内容は、大きく3つに区分されます。

火災リスク
自然災害リスク
日常生活リスク
それぞれを詳しく解説していきましょう。

火災リスク


失火や放火・もらい火などによる損害
失火とは、誤って起こしてしまった火事のことをいいます。

その他にも、放火にあった場合や、隣家の火災からの被害も補償の対象です。

自然災害リスク
落雷・破裂・爆発などによる被害
風災・雹(ひょう)災・雪災・水災による建物や家財の損害
例えば、落雷でエアコンが壊れた、台風で床上浸水になり、床を修繕するといった場合も補償の範囲内となります。

日常生活リスク


給排水設備の故障などによる水濡れ
物体の落下・飛来・衝突による損害
暴力・氾濫・騒擾や盗難による破損・汚損
泥棒に鍵を壊されるといった場合も補償されます。

火災保険を選ぶときはプロに相談しよう


火災保険の補償内容は、正しく知ることで適切な保険を選ぶことができます。

地域や土地によって、どの自然災害やリスクがあるのかを把握するのは専門知識がないと難しいもの。

火災保険を決める際には、信頼できる専門家に相談しながら決めましょう。

まとめ
火災保険の適用範囲には、火災だけでなく自然災害のリスクや日常生活でのリスクの損害も含まれます。

自分にあった補償範囲をしっかりと把握して、適切な保険を選びましょう。

家を建てるときには、不安や疑問に答えてくれる専門家と一緒に計画を進めませんか?

注文住宅なら、保険も間取りも、自分たちにあうものをカスタマイズできますよ。

弊社では、直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、家づくりに関する様々な相談対応も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!