「便利アイテム」でもっと快適なキッチンへ

「便利アイテム」でもっと快適なキッチンへ

毎日の料理、快適ですか?


キッチンは、どうしても物が多くなってしまうスペースの代表格です。お皿、調理器具、調味料など、料理には欠かせない物はキッチンに置かざるを得ません。

いざ料理を始めようというときに、まずは何かをどかすという無駄な作業から始めていませんか?

それでは快適なキッチンとは言えません。時間を取られるどころか、清潔感も欠いてしまいがちで、食事の準備にも支障が出てしまうかもしれません。
しかし、キッチンが整理整頓されていると、結果的に時短にもつながり、しかも気持ちよく使うことができます。

この記事では、どうすればキッチンを整理整頓できるかというヒントをご紹介します。

「便利な収納」で理想のキッチンへ
鍋の収納には「仕切り版」で対応
鍋は、調理器具の中で最も収納しにくいアイテムの一つです。用途ごとに異なる形状をしている上、取手もついているため、綺麗に収納するのは難しいですよね。

収納扉を開けたら大量の鍋が崩れ落ちてきた経験がある方もいらっしゃることでしょう。

しかし、「仕切り板」がその悩みを解決してくれます。

仕切り板を活用し、鍋を積み重ねるのではなく、縦に収納することで、雪崩を防ぐだけでなく、取り出しやすさも格段にアップします。

万能アイテム「突っ張り棒」をキッチンで活用
キッチンでは、多種多様な用具がまんべんなく使われます。毎日使うような器具を、その度ごとに別々の場所から取り出していると、手間がかかって面倒くさいものです。

「突っ張り棒」があれば、その手間を簡単に省くことができます。

例えば、キッチンペーパー、おたま、調味料、ラップのようなこまごましたものは、よく使うのに、キッチンに散乱しがちです。

しかし、キッチンペーパーは突っ張り棒に通すことで、スペースを取らずに機能します。さらに、ワイヤーネットを突っ張り棒につけ、フックやラックをそこに掛けると、おたまや調味料の収納スペースまでカバーできるのです。まさに万能アイテムですね。

突っ張り棒とワイヤーネット、この組み合わせは本当におすすめです。狭いキッチンの収納能力を劇的に増やしてくれます。

さらなる快適キッチンを求めて
今回は、便利なアイテムを用いてキッチンを快適にする方法を紹介してきました。アイテムを活用することも大事ですが、家を新築するときに、自分たちの理想のキッチンを実現できるのが一番です。そのチャンスを逃さないようにしましょう。

例えば、新築時に、壁の内部空間を利用するニッチ収納をキッチンに導入して、ファッショナブルかつ、自分たちだけのオリジナルキッチンを手に入れることができます。